つらくても笑って!

地方OLのつぶやき

こんばんは。

眠れないのでアマゾンプライムで映画でも見ながらブログを書きたいと思います。

 

就職活動をきっかけにはじめたこのブログですが、当の就活について結果を触れていなかった…

 

angeltrip.hatenadiary.com

 

こんな記事からスタートした就職活動ですが、結果としては第一志望に合格することができました。

ただちょっと自分の中で難しいのは「第一志望」の定義。今働いているところは3年の夏から行きたいな~と思っていた中小なのですが、正直受かれば大手企業にも行ってみたかったです。

 

大手は1つだけ最終に行けたのですが、最後の面接で「でも〇〇業界に行きたいんでしょ、ホントは?」と聞かれバカ正直に「あっ…はいそうです…」と答えて落ちたからね、何だったんだあの面接は…今となっては大手企業の本社に行くことはなかなかないのでいい勉強になりましたが。

 

第一志望に受かった理由

なんで今の会社に入れたかよく友人に聞かれる。振り返れば特にものすごく努力したことはない…理由としてはこの「努力しなくても入れた」ということなのではないかと思う。自分が気を張らずに話せ、それでも選考が進んでぬるっと内定をいただけたので、単に相性が良かったのだ。

就活に正解なんてないかもしれないけど、この「相性がいい」企業を見つけることが大事だと強く感じた。相性がいいと感じるのは会社のミッション、ビジョンと自分がやりたいことが一致しているので、仕事に対する向き合い方が同じなところ。

「やりたいこと」を仕事にする

周りの友人にはこの「自分のやりたいこと」が趣味とかちょっと得意なだけのことと混ざってしまって、社会貢献とかなかなか口には出さないけどやりたいと思っていることが自覚できていない人が多いように思う。

キャリアに対する教育がいい感じになって(適当か)本当にやりたい仕事につける人が増えればいいのにと願う。